「よかせっけん」の使用感

つかってみんしゃいよかせっけんを使ってみたので軽いレビュー。

毛穴よりも小さいシリカパウダーで汚れを吸着するそうです。シリカといえばシリカゲル。シリカゲルはでこぼこ構造で表面積が大きく、水分子を吸着することで除湿する成分。炭の消臭効果もでこぼこ構造で臭いを吸着、水の濾過では汚れをするので、きっと皮膚の汚れも取れやすいんでしょう。

原理はともかく、使用感が重要。おっさんが試してみました。

よかせっけんの使い方

ミカンの網みたいな泡立てネットに石けんを少し入れ、泡立てる。その泡を顔に塗りつけて放置し、しばらくしてから洗い流す。これだけです。

どうも擦ってはいけないらしい。確かにシリカで擦るのはよくないかもしれない。

美白効果はあるの?

美白効果、というよりも、ピーリング効果の方が大きい感じがします。

泡を洗い流した後に軽く顔を擦ってみると、鼻のあたりや皮膚のカサカサした部分が取れやすい感じ。

洗い上がりはしっとり系

あんまりさっぱり感はありません。そういうのを求める人は一般的な洗顔料の方がいい。

しっとり感はかなりあるので、普段さっぱり系に慣れている場合は物足りなさがあるかもしれない。

個人的には毎日やるより、数日に一回泡を顔につけたまま湯船に浸かるのがベスト。

まとめ

毛穴の汚れは意外と黒く見えるので、気になる人は数日に1回程度のペースで使うと幸せになれそう。少なくとも、洗った直後からしばらくは鼻の頭の毛穴が目立たなくなります。

一般的に薬局で売っている洗顔料よりは毛穴の洗浄力が強いという使用感。実際の所はわかりませんけどね。