膝の痛い人がインソール「ソルボ」シリーズを選んだ基準

膝が痛いので、すっかりランニングよりウォーキングが多くなってしまいました。そんな中、中敷きを変えるだけでも違うという話を聞き、ちょうど痛んできたインソールを交換することにしました。

人工筋肉という言葉に惹かれてソルボを選ぶことにしたのですが、色々と種類があって違いもわかりにくく、値段もそこそこします。どれを選べば良いのか二日ほど悩んでしまいました。毎回選ぶ時間をかけるのも難なので、実際に使用したことのある二つから今後のインソール選びの基準を考えてみました。

以前から使っていたソルボライトはランニングやテニスなどのスポーツも対象としている商品だったので、今回はソルボウォーキングを使ってみました。

ソルボメッシュ構造

ソルボウォーキングのいいところ

表面がソルボウォーキングは表面がメッシュ状になっており、靴下越しでもはっきりわかるほどのメッシュ感があります。空気が通るようになっています。

あまり蒸れ防止効果は期待していなかったのですが、通気性の良いスニーカーでは割と効果が体感できました。密閉している靴では湿気の逃げ場が無いのであまり変わらないかも知れません。

歩き方のバランス矯正効果があるそうですが、こちらはなんともわかりません。

ソルボライトの良いところ

ソルボライトはより激しい運動を想定しているようで、かかとのクッション性が心持ちウォーキングよりも強く感じました。単純に分厚いのではなく、形でかかとに衝撃がかかりにくいのかもしれません。膝が痛い時は、こちらの方が気持ちよく使えました。
ただ、こちらはメッシュ構造がないので、ソルボウォーキングよりも蒸れやすいです。靴の通気性が悪ければどちらでも同じですけどね。

次に選ぶソルボはソルボアスリート

メッシュ構造の蒸れ対策が気に入ったので、メッシュ構造は必須。走ると膝がすぐに痛くなる貧弱君なので、かかとの衝撃にも強い方が良い。

こうなると、次に選ぶのは両方の欲しいところを満たしたソルボアスリートになりそうです。