100万円稼ぐアクセスを集めるサイトとは

私はとりあえず何でも思いついたことを書いていくというスタンスでやってますが、世の中にはこれでアクセスが集まると夢見る人もいるようで。

適当に興味のあることを並べていても絶対にアクセスなんか増えないんですけどね。しっかり説明しているサイトを検索して調べた方が早い。私ならもっと詳しいところを見ます。

訪問者が記事を読む理由は三つあります。

  • 面白い(娯楽や興味)
  • 役立つ(必要性)
  • 便利(労力軽減)。

この三つのどれかを満たせばいい。だから、アクセスを集めるにはテーマを定めてサイトを作れと言われる。

でもやらない。というよりやれない。すでに優秀なサイトがあるからです。

この中で唯一誰でも勝負ができるのは、面白さです。他人の人生を他人事として娯楽にするのはテレビドラマと一緒です。平々凡々な家庭事情に問題が舞い込む様子を眺めるホームドラマは昔からよく放送されている。

専門的な人なら役立ち情報や便利系。掃除方法や整理術、料理など人気ですよね。第一人者がサイトを公開していないジャンルがまだありそうです。商売の種だから公開したがらないだけかもしれない。

興味のあることが偏っているなら便利系。よく知らないことの資料集めはとても大変で、集めたところで何を見ればいいのかわからない、なんてことは良くあります。専門じゃない人でもちょっとだけ専門的なことを調べたい時に役立ちます。

当たり前過ぎるから書いていない

指南サイトでテーマを決めた方がアクセスを稼げると書いていますが、意外と理由を書いていないなと。

サイトを作る側ではなく訪問する側の視点からサイトを作らなければアクセスは集まりません。面白いか、役立つか、便利か。

興味の無いことを調べ続けるのは、完全に仕事としても辛い。自分自身で面白くも、役立ちも、便利にもならないものを作るのは苦痛です。続けられるテーマを選べというのはそこから来ています。

ちなみにこれを書いているのはど素人です

よく100万円稼いだなどというところで書かれているようなことに見えますかね?

もちろんぱっと見てど素人だとわかった人もいるでしょうが、一見似たように見えることは誰でも書けるのかなあと思った次第です。

もっともらしく書けるというのも技術の一つですよね。