iPhoneのカメラアプリはデフォルトが最も高性能

iPhoneのカメラアプリは数多く出ています。本場のカメラ並みにいろんな機能がついているものがでていて、色々と手を出していましたが、普通に撮影する場合はデフォルトのカメラアプリが一番綺麗に撮影できます。

高機能写真アプリは、ある程度カメラに詳しい人が設定をきちんとして撮影しないと本領を発揮しないどころか、オートモードですら劣化してしまいかねません。

iPhoneはデフォルトカメラアプリにもこだわっている

iPhoneのカメラは相当画質にこだわっています。

高性能になっているにもかかわらず画素数を上げていないことからも画質に気をつかっていることがわかります。画素数をむやみに上げるとセンサーに負担がかかって画質が落ちるので、新型でもむやみに画素数を上げていません。

レンズや画像処理エンジンの色再現性も相当なもの。動画系のお遊びもありますが、メインの撮影がおろそかになっていません。携帯写真の黎明期から近年まで、これがおろそかになっている機種だらけでした。

そんなiPhone、カメラアプリも最初から練り込まれており、外部アプリが必要となる場面がほぼ存在しません。普通に撮影すれば綺麗になるように作られています。画面の長押しでAE/AFロックも可能ですし、露出補正も可能です。

顔認識もしますし、動画も手ぶれ補正も高性能。ハードウェアとの連携がいいのか、デフォルトアプリのオートフォーカスなどピントや被写体深度もかなりの精度で調整してくれます。このあたりはスマートフォンならではの画像認識の強み。

ただ写真を撮影するという点においてはデフォルトのカメラアプリに勝てるものはそうありません。本職のデジタルカメラと違って、多機能が高性能で単純に撮影するとそれなりに綺麗に写る、とはなりません。

高機能アプリは機能を十全に活かし切れる人が使う前提になっています。普通にカメラを使う人がサブで使うのにちょっと機能が欲しい場合に便利なのであって、決して高機能だから綺麗に写るわけではありません。使いこなせるのは本撮り用のカメラを持っている人がほとんどだと思います。

大抵は謹製のカメラで同じように撮影した方が失敗写真が少なくなります。もともと誰でも使いやすいように、さらにハードウェアに合わせて作られていますからね。

高機能写真撮影アプリは画像編集アプリとして使う

わざわざiPhoneを使ってRAWデータで撮影したい、露出を変えて複数枚1度に撮影したいとか、そんな感じの使い方をする人はそんなにいません。そんなことをするなら普通にiPhoneではなくきちんとしたカメラを使います。

写真を綺麗に撮影するならデフォルトのアプリが最も楽なので、高機能アプリには付随している画像編集機能に期待した方がよさそうです。iPhoneデフォルトのアプリでできない加工をそちらに任せると綺麗で好みに加工された写真のできあがり。

もっとも、これは手軽に面白い写真を撮影するようなアプリなどには関係ない話です。勝手にモザイクをかけたり顔認識で自動編集したりするアプリなどではやりたいことが違います。

今、人気の趣味1位が他を大きく引き離してカメラらしいので、せっかく簡単に練習できる環境であるスマートフォンのカメラをいじり倒して理解を深め、綺麗な写真をどんどん発表して楽しませてもらいたい次第。

他の機種はどうなのか

格安機種は画素数だけでお話にならないレベルのものもまだまだあります。高級機種になればどのような環境でもかなりいい感じに撮影できるようですが、果たしてスマートフォンカメラのためだけにそんなにお金をかけるなら、同じ金額で結構いいデジカメを買えてしまいます。

買い換えるとしてもまだまだ安くなってからでいいかなあといった感じですね。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする