クレジットカードの暗証番号を忘れたのでATMで簡単に確認した

私は最低限のクレジットカードとしてVISAとMasterCardとJCBを持っている。パスワードは覚えておく派なので常に使っているものは全て頭に入っているのだけれど、数年使っていないカードの場合はどれだったかな、となってしまうことがある。

他人にはわからないとある法則を持たせているので5回ほど試せば大体は解決する。しかし、クレジットカードやキャッシュカードのようにロックされるまで回数制限が少ない暗証番号やパスワードだと、さて、困ったことになる。

今回、寝かせているクレジットカードの確認をしておくことにした。

確認のネックはロック

ネットバンクなどだと3回でアウト、ロックされてしまう可能性が高い。規約以外にはメッセージが表示されないで問答無用のロックでもおかしくない。ロックされるとICチップの仕様上、問答無用で再発行だと思われる。クレジットカードでも2回ためしてダメなら暗号照会申請することにした。

ロックさえされていなければ暗証番号照会を行えばあっさり2週間以内には書面で通知されるはず。

ここで手軽に暗証番号を入力して確認できる場所を考える必要がある。普段はサインしか使えないカードを使っているのでこういった経験があまりない。スキミングも怖いがそこはクレジットカード会社の保証に頼ることにしている。

コンビニATMで確かめる

どうやって確認するかというと、コンビニATMで適当な取引をキャンセル前提で試してみるだけ。

お勧めはファミリーマート。理由は画面上に暗証番号が間違っていると出てくるからだ。セブンイレブンのATMだと明細書側に暗証番号が間違えているかどうかが出てくる。個人的にこういった無駄紙が好きではないし、何となく処分するのにそのまま捨てるのは気が引ける。

端から見ていると複数のクレジットカードを突っ込んで何度も暗証番号を打ち込んでいる怪しい人、もしくは金に困ってキャッシング地獄に陥っているように見えるのかいう重いがふと頭をよぎった。

今回はカードを突っ込んでキャッシングを選択した。なぜなら日本ではキャッシングできないように設定しているから。この場合、暗証番号を間違えている場合はその旨が通知され、合っている場合は残高が不足していると表示される。これはクレジットカードでキャッシングするつもりはなく、キャッシング枠0円にしているからこう表示される。最初は不正使用かと肝を冷やした。

暗証番号を何度か間違えた場合

思い出せそうに無ければ持ち帰って電話、もしくはクレジットカードの会員サイトから暗証番号の照会申請を行う。今回、本命の予備VISAとMasterCardが正しく、覚えていたと思っていたJCBの暗証番号がアウトだった。

丁度良い機会なので会員サイトのログインも試してみると、以前のログインは6年前。これは酷い。忘れるわけだ。とはいうものの他のものは覚えていたわけで、単にJCBの印象が薄かっただけかもしれない。

ともかく、ログイン後に申請して終了。郵送先は部分的に表示されており、申請ボタンを押すだけ。あとは郵送されてくるのを待つ。

JCB会員ページはシンプルで好感が持てた

好感を持ったのはJCB会員ログインページの造りがシンプルなこと。正直な話VISAやMasterCardのVpassより見やすい。

Vpassも悪くはないけれども、少しごちゃごちゃとしている感じはある。別段困ることはないけれど、多少整理してもいいんじゃないかと感じた。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする