リファラのwebblock000.jp:0000というドメインは何か調べた

何やら剣呑な名前のドメインからアクセスがあったので調べてみた。

そのドメインというのは以下のようなもの。

webblock000.ddream.jp:0000

念のため、webblock000も:0000の部分も数字部分も本来の数字ではない。

とりあえず調べてみるとあちらこちらのサイトにこのddreams.jpというものの痕跡があり、数字部分は変動している。

Webblockなどと言われるとブロックされるような投稿などあっただろうかと首を捻る。少なくともgoogleさんに注意されたものと、それに似たものは即消したし、今のところ何も問題はない。個人的にはgoogleさんの広告関連に怒られないのであれば、そうそうどこにも文句は言われないと思っている。

このドメインはWhoisで調べても出てこないし、サイトも存在しない。Alexa the Web Informationでは突然アクセスが途切れたりすることから定期巡回系のクローラーか何かだと予測した。Amazonのアレではなくてトラフィックを解析してくれるサービスの方だ。と思ったら今はAmazonの子会社になっているらしい。だからあの商品はAlexaという名前なのかと納得する。色々と情報が統合されて販売戦略に活かされているんだろうなあと関心した。

それはともかくwebblockの話だった。

日本語での情報は見つからなかったが、どうやら以前には前半にnttと入っていることがあったようなのでそちらで調べてみたところヒット。

結論から言うと、Cybertrust Japan Public CAが所有していたそうだ。どうやら電子証明書を発行しているところらしい。電子証明書が何かはここでは置いておくとして、DoCoMoなども利用していた実績のある電子証明書だ。

webblockなどと付いているものだから何事かと構えてしまったが一安心。もちろん現在ddreams.jpをサイバートラストが利用していれば、の話だけれど。またアクセスされて証明書から弾かれているという場合もある。まあ、余程のことがない限りそんなことはないか。

何にせよ、特別に隠すようなサービスでも無いのだから、サイトでも作っておいてくれてもいいのにとは思う。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする