珈琲の出涸らしを消臭剤に加工して掃除機の排気の臭いを消した

これはドリップコーヒーを飲む人向けの方法で、あくまで応急処置だ。けれど、それなりに紙パック式掃除機の嫌な臭いが抑えられる。それに1日1杯でなくとも、掃除するときに少し吸い込ませるだけでOK。手軽な方だと思う。

私はずっとゴミパック式の掃除機をメインで使用している。その排気の嫌な臭いが気になっていたが、つい最近、もののついでで解決してしまった。

私は家の構造の問題でゴミパックの容量が大きい掃除機を利用している。具体的には4.5Lもある。しかも良い感じに空気がゴミパックの中を通り抜けるらしく、中を確認してみると、吸ったゴミはゴミパックの底ではなく壁面に張り付くように圧縮されている。つまり風の通り道は常に確保されている。吸引力がそうそう落ちないので、ゴミパックを取り替えるのは数ヶ月に一度になってしまう。しかも何となく吸い込みが弱くなったかな?と思ったときであって、説明書の通りに吸引力チェックで引っかかっているわけではない。最近に至ってはほぼ取り替えていない。中はダニ天国になっているかもしれない。

物持ちが良くて大変結構なのだけれど、1つ問題があって困っていた。排気の臭いがなんともいえない臭いになるのだ。これはどんな掃除機を使っていても起きるのだけれど、場合によってはすぐに臭いがし始めるときもある。これではあまり窓を開けたくないときに掃除機をかけるのが億劫になってしまう。

これの対策で芳香剤を吸い込ませる方法もあるけれども、そもそも芳香剤の臭いが嫌いだ。

そんなとき、部屋の消臭、兼、芳香剤として利用しているコーヒーの出涸らしをこぼしてしまい、それを吸い込んだところ、ぴたりと臭いが止まった。

このコーヒーの出涸らしの簡単な作り方をメモしておく。とはいってもとても簡単。材料も大抵の家にある。

コーヒーの出涸らしから消臭剤を作る

工程はこれだけ。

  1. ドリップコーヒーの出涸らしを適当にそのまま放置して少し水分を落とす
  2. 適当な皿や設置用のカップなどに入れる
  3. 電子レンジで温める
  4. スプーンでかき混ぜて水蒸気が大量に出るようならまた3を行う
  5. 多少焦げ臭い臭いがしても構わないので水蒸気がほとんどでなくなれば完成
  6. 設置場所を痛めないよう冷ましてから設置する

これは部屋の消臭剤、兼、芳香剤として利用しても良い。

原理としては脱臭炭の臭い吸着と変わらないはず。しかもまたレンジで温めることによって、臭い分子が飛ぶので繰り返して使える。水分も吸い込むので定期的に電子レンジにかけると良い。シリカゲルが水分を吸い込んで使えなくなったのを、電子レンジで水分子を飛ばして再利用できるようにする感じ。

焦げ臭い臭いはそのうちおさまる。おさまらなくても問題ない。

利用方法はインテリアのように設置したり掃除機に吸い込ませたり

飾り棚にカップに入れておけば見た目も気にならないインテリアにもなる。できるだけ空気に触れる部分が多い方が効果が大きいような気もするが、個人的にそこまで気合いを入れたくはない。

今回は偶然にこぼしたものを掃除機で吸い込んだら効果があったのだけれど、新しいコーヒーの出涸らしができたら古いものを吸い込ませても良い。

あの嫌な臭いがあっさりほんのりとしたコーヒーの香りに変化したのには驚いた。

ただし、あくまでホコリ、砂利、ペットの毛や少量の観葉植物の葉や虫の死骸程度の場合。あまりにもきつい臭いがしている場合は、そちらの原因を取り除いてからの話。

掃除機に吸い込ませる量は少量でいい

とはいえ、永続的に効果があるわけではない。掃除機に吸い込ませても時間が経つと排気の臭いがするようになる。

しかし、排気の臭いは掃除の時におさまっていればいいので、掃除機をかける直前に吸い込ませる。できれば下処理してからがいいが、定期的に水蒸気を飛ばすタイミングと掃除機をかけるタイミングを合わせるだけで手間が省ける。

最初に電子レンジで水蒸気を飛ばして焦げ臭いというか、焙煎しているような臭いになっている状態で少量吸い込ませる程度で効果が出るので、毎日ドリップコーヒーを飲まない人でも安心。掃除機をかけるときに古いものを処理して少量吸い込ませるだけ。

とはいっても限界はある。

臭いがどうしても気になる場合は紙パックが一杯になっていなくてもさっさと取り替えるのが一番。純正紙パックは結構高いので、それをケチってというか節約するための方法を模索するわけなのだけれど。

汎用紙パックはお勧めしない。純正の紙パック以外は排気やフィルターがどこまで保証されているのかわかったものでは無い。少なくともアレルギー体質の私は使う気にならない。だったら紙パックにゴミを溜め込むなという話かもしれないが、純正を使っている現在は溜め込んでも掃除中にアレルギー症状がでないので、つまりはそういうことなのだと思う。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする