背中の汗を乾かす空調リュックが快適

山歩きなどで1番に汗をかく汗をかく部分とはどこだろう。

それはリュックを背負っている背中だ。

額の汗は拭えば済むし、風が吹けばそれなりに気持ちいい。

しかし、リュックを背負っている背中は常に風通しが悪く、かといって服を脱いで拭くわけにもいかない。

ここを涼しくしてくれるのが空調リュック。空調服や空調ベッドを出しているメーカーが作っている。

原理は簡単で、背中に空気の通るパッドを挟み、そこにファンで空気を送り込むだけだ。パッドの隙間から背中に空気が当たり、涼しく保ってくれる。

単三電池4本でも8時間くらいは連続使用できる。弱だともっと長い。

汗を乾かすのが何よりも快適

リュックを背負っていると何よりも背中の汗がべたついて疲れてくる。どこかでリュックを下ろして休憩し、背中を乾かしてからまた歩く。

この空調リュックを自分のリュックに設置してスイッチを入れるとファンが回り始め、常に背中に扇風機を当てているような感覚になる。

湿気の多い日などには効果が薄くなってしまうが、それでもどんどん背中の汗が乾いてサラサラになるのは気持ちが良いもので、本格的に汗だくにならない限りはほぼ乾いた状態が続く。

もちろん、その間に気化した水分が熱を持って行ってくれるので温度も下がる。

これは汗をかいて体が熱を下げようとしているものを助けているだけなので、冷たいもので体を冷やすよりもよほど体に良い。

町歩き程度ならつけっぱなしにしているだけで背中のリュックの暑さは忘れられる。

山歩きとなるとどうなのかはわからないが、山でリュックを下ろした時に背中が気持ちいいのであれば、十分に効果があると思う。

推奨ではないが空調服のバッテリーを使えば12時間以上は連続使用できそうなので、私が町中を出かけるときにはこちらを利用している。高速回転させるとFANの寿命が縮むので、あくまで標準回転のみだけれど、それでも日陰に入れば寒いくらいに冷えるし乾く。

空調服はちょっと大げさで出かけるには着にくいというのもあるかもしれないが、リュックを背負った散歩のお供に空調リュックはとても快適だと思う。

水分さえ取っていれば背中から熱を放出してくれるので、熱中症対策にもいいはず。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする