Windows10のライセンス認証失敗:1日放置で通っていた

Windows7から無償アップグレード期間にWindows10にしたPCが突然壊れた。先日に家の漏電があったのでそれが原因だと思う。最初だけはヘビーに使っていたがここ数年はライトにしか利用しておらず、まだまだ現役でいけると思っていたところにこの仕打ち。この故障がなかったらこの先に何年も使っていたのに。

症状はちょっと起動したらショート音と焦げ臭い音がして、CPUの12V電源を接続するとファンが反応しない状態。おそらくはマザーボードの故障だろうけれど、電源から来たと思われる故障なのでどこが壊れていてもおかしくない。何だかんだと修理しているうちに新しいPCを買った方が安いとなっていては本末転倒なのでそこそこ安く同程度の性能の新しいものを組み立てることにした。

IntelだろうがAMDだろうがコストパフォーマンスがよければどれでもいいので今回はAMD。別にセキュリティに問題があっても対応が良ければいいのだけれど、同じ値段で今回のIntelのぐだぐだ対応を見て遠慮したかったのもある。初めてのことで大変だったとしてももう少しやりようがあったのではないかと。

丁度Ryzenの新型が出るとのこと、値下がり待ちで1ヶ月ほどスマホや古いノートで何とかやりくりしていたのだが、色々と同時作業ができないのが面倒くさいので組み立ててしまった。多少性能が落ちようが気にならないだろうが、ちょっとしたことで以前より性能が落ちているのを感じるのはモヤモヤするので同程度かそれ以上を求めることにした。

組み立てるまでは問題なく終わったのだが、ライセンス認証で引っかかった。

Windows10のライセンス認証がその場で通らなかったのだ。

ハードウェアの変更によるWindows10のライセンス認証

Windows10のライセンスはアカウントに紐つけされている。

1番はじめにMicrosoftアカウントでログインすれば勝手に紐つけられると思っていたのだけど、真偽はともかく手動でやっておかないといけないという情報もあった。確認してみたところアカウントに紐つけられているデバイスが存在していなかったので、ライセンス認証を移行する場合には必要となるのは正しいと思われる。

使い始めに何度かMicrosoftアカウントでログインしてからは何年もローカルアカウントに切り替えて使っていた。プロダクトキーもWindows7のものしかないので、ライセンス認証は当然通らない。

Windowsでしかやれないことは今はやっていないのでLinaxでも入れればいいのだけれど、せっかくお金を出して買ったものが使えないのも気分が悪いのでサポートに電話することにする。

基本的には大幅なハードウェアの変更を行った場合は使えないというのはわかっているものの、ケースと一緒に買った場合はどうするのだという話である。

翌日にログインすると何故か認証されていた

認証、アカウント確認、トラブルシューティング。全て通らない。表示されるものを一通り試して無理ならそれ以上は時間の無駄と割り切って、とっとと電話するに限る。

とりあえず明日の電話ですったもんだしないようにMicrosoftアカウントでログインができるか確認してからシャットダウン。明日電話するかー、とそのまま就寝した。

そして翌日。組み立てた日にはライセンス認証で手元でできる範囲のものは全て通らなかったはずが、あっさりと認証されていた。

謎である。

残る問題は前回入力されたプロダクトキーが使えないというメッセージ。別にそのまま放置していても問題はないと思われる。でもこれはこれで目障りなので潰すことにする。

手持ちのプロダクトキーはWindows7のものしかない。これを入力してもエラーが出る。

Windows10ではプロダクトキーが共通になっている。おそらくMicrosoftのサイトを検索すれば出てくるはず。

VK7JG-NPHTM-C97JM-9MPGT-3V66T

これを書いた時点2018/04/23では以上のキーで更新すると、上記のメッセージが消えた。

新しく買わなければいけないのか心配だったけれど、これで一安心。

この調子でクリーンインストールしてもいいかと思ったが、パフォーマンスに不都合がないうちは止めておくことにする。

とりあえず時間を置いてみるのも手

いろいろな方法が紹介されているけれども、このPCからWindows10のアカウントでログインしているよ、とわかるようにしてから時間を置いてみるのも1つの手なのかもしれない。もしかしたら無駄にサポートに電話がかかってくる前に向こう側で対応してくれている場合も考えられる。

それでもだめなら電話しかないのだけれど。

そもそも認証していないのだから、このPCを使った初めてのPCとしてアカウントに登録されたのだろうか。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする