ゴミ箱の悪臭対策には消臭剤より菌を増やさないこと

これまたトイレの黒ずみ対策に効果抜群だったダカラビセイブツと同じところが出している製品です。

トイレ内の汚れ黒ずみ掃除を楽々放置に。「ダカラビセイブツ」

その商品の名前は「悪臭はほっとかないで」

……また名前が胡散臭い。

でも、うちの家での効果は抜群でした。消臭系の薬剤や吸収剤を使わずシュッと生ゴミに直接吹き付けておくだけです。試しに使ってみた母から補充の要請がありました。夏場もずっと使っていましたが、ゴミ箱を開けるだけで部屋に充満していた臭いが激減。

原理は同じで無害な菌で臭いの元となる菌を駆逐するといったもの。

ゴミ箱の臭いは菌が増殖するから臭う

洗濯物の生乾き臭と一緒で菌が増殖するから臭いが発生します。

つまり、一般の消臭剤は意味がありません。出た臭いを吸収しても、付け焼き刃にいたちごっこ。菌はどんどん増えて臭いを増やすのですぐにキャパシティオーバーします。

ということは。臭い対策は殺菌、抗菌する方が効果が高いんです。

しかし、そういった薬剤は値段が高い上に一匹でも残っていれば例によってどんどん増えていく。1日か2日で元の木阿弥です。

無害で臭いを発しない強い菌で生ゴミ臭を発する菌を駆逐する

納豆菌ではあるのですが、ほとんど臭いがしません。この菌を生ゴミに吹き付けることによって、この菌より弱い生ゴミから悪臭を発生させる菌が増えないようになるんですね。

要は土に埋めた生ゴミがヘドロになるか自然の良い土になるかの違いに近いかもしれません。
あれは腐っているか発酵しているかの違いですが。

まとめ

大本から臭いを減らすためには、ゴミに直接吹きかける。この点さえ守っていれば抜群の効果を感じました。用法用量は守るべきですが、個人的にはそんなにたくさんかけなくても効果を実感しています。


トイレ用のダカラビセイブツもお勧めです。

トイレ内の汚れ黒ずみ掃除を楽々放置に。「ダカラビセイブツ」

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする