トイレ内の汚れ黒ずみ掃除を楽々放置に。「ダカラビセイブツ」

今回は完全にお勧め商品の紹介です。コツも何もありません。

ただ、CMもやっていなければプロモーションも探さないと見かけるようなものではないので、知らない人が多いのではないでしょうか。

あと、何よりも名前が胡散臭いのであまり試してみようと思えないというか……。

しかし実際に使ってみると、ほぼ黒ずみが発生しない状態になり、元々あった汚れもどんどん勝手に綺麗になっていきました。

こういった商品にありがちな臭いも感じませんし、泡立ちもしなければ色も変わりません。たまに元々あった汚れが落ちてくるくらいです。ライムの臭いをあえて入れたものも出ていますが、私は使ってないのでわかりません。

個人的には使えるトイレのタイプならダントツでお勧めです。交換期間も長くコストパフォーマンスは最高。私はずっとリピーターしてます。

その名は「ダカラビセイブツ」

胡散臭い。

本当に胡散臭い。

しかしきちんとした旧明治製菓株式会社のヘルス・バイオ研究所から出た商品です。

簡単に言うと、良くない菌や汚れを、それよりも強い害の無い菌で駆逐・分解してしまおうというものです。

そして菌の増える速度というのはもの凄い早さ。

栄養と環境さえあれば、菌にもよりますが1個の菌が1日でコップ1杯分に増え、もう1日置けばちょっとした山、もう1日で木星の大きさになるそうです。

なのでほんのちょっとトイレのタンクにこの「良い菌」が入り込めば、夜の間だけでもどんどん汚れを栄養にして分解してくれるわけです。

使い方は置くだけ簡単

使い方は至って簡単、トイレのタンクの水が当たる場所に置いておくだけ。そんなに当てなくて良いのでちょっと当てるだけの位置でいいかもしれません。

昔からある例の青い奴と同じ使い方です。

交換期間は1個で1ヶ月以上で高いコストパフォーマンス

トイレの使用頻度にもよりますが、1日に10回以上は流しているトイレでも1個で1ヶ月以上保ちました。

効果もほんのり黒ずみが出たか出てないかくらいになることがあるのですが、それはさっと一拭きで落ちる程度。

人体に無害

会社に問い合わせたところ、納豆菌の1種なので人体には無害。この「ダカラビセイブツ」については化学薬品は汚れを落としやすくするために弱アルカリ成分を入れているそうです。

たまーに入れ物にカビが生えることがありましたが、カビキラーなどの強アルカリのカビ除去剤で掃除しても菌が休眠状態になるだけで特に問題ないそうです。お手入れも楽ちんです。

タンクの中はどうなったか

井戸水の藻や謎の黒い汚れが汚れが勝手に落ちてました。トイレを流すときにたまに出てきます。

ただ、菌なのでどうしても菌の塊になってしまうのか、残ってしまった汚れなのかが1度だけタンク内に落ちた汚れがモヤモヤとたまっていたことがあったので、そのときだけは掃除をしました。特にこすり落とすようなことはしていないので手早くこすっておしまいです。

あと、トイレの水が出るところの液だれの跡のような赤い汚れや、見えにくいところにある凝固した汚れもブラシを使うこと無くいつの間にか落ちていました。

背面タンク式のトイレには経済的で断然お勧めです

最近のトイレは背面タンクの無いものも多いので、スタンプタイプなどを使わざるを得ないことも多いでしょうが、そうでなければ是非、一度お試しいただければ。どうせダメでも普段の掃除用具に戻るだけですしね。

ただ、あまりにも汚れているようなら一度タンクの中をきちんと掃除した方がいいかもしれません。



詰め替えセットもあるので数ヶ月試した方が効果を実感できるかもしれません。

ちなみに生ゴミ臭にも効果的な商品も出ていて、こっちもリピーターしてます。

ゴミ箱の悪臭対策には消臭剤より菌を増やさないこと
これまたトイレの黒ずみ対策に効果抜群だったダカラビセイブツと同じところが出している製品です。 その商品の名前は「悪臭はほっとかないで」。...
スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする