ペン型ICレコーダーRR-XP008とVP-15どちらがお勧めか

最近不安を感じてきたので、最初はペン型ICレコーダー パナソニックのRR-XP008を購入しました。しかし、機能的にオリンパス ボイストレック VP-15との仕様比較で割り切ったはずの内容が気になって結局は両方とも購入してしまいました。

せっかく両方ありますし、なかなか二つとも使う機会がある人はいないので、それぞれ自分なりに感じた使い勝手をメモしてみたいと思います。

結果は一長一短でどちらがいいともいえないものでした。


簡単に言うと、パナソニックのRR-XP008は録音しっぱなしで使い、オリンパスはこまめに録音を区切る使い方が合っています。

Contents

そもそも二つ購入した動機

以前に会社でうんざりしたことがあるからです。特に連絡自体は電話だとしても先にメールで証拠を残さないなんて非効率的ですし、言った言わない、明らかな矛盾、明らかに法律や条例に違反している行為を強制されることがあり得るので、自己防衛のためには必須とはいわないまでも資料としては安心できるでしょう。会社が言う綺麗事は信用なりません。業務でである以上、証拠が残らないからと言って条件を無視して好き放題いうのは問題外です。いつ何をさせられるかわからない、責任をとらされるかの不安材料にしかなりません。

それ以外にも話を記憶するのが苦手なら、備忘録にもなりますし、通常の業務についても、勉強し直しにも使えますし。

ICレコーダーのタイプ

大きいものから小さいものまでありますが、薄型高性能かペンサイズ、もしくはペンそのものが最も使いやすいものです。中でも胸ポケットに入れられるペン型、ペンサイズのものが一番目立たず、最も使いやすいものでしょう。

2017/10時点で評判の良いペンサイズのICレコーダー

そこで現状、2017年10月時点でもペン型で評判がいいのがタイトルの2つ、パナソニック RR-XP008とオリンパス ボイストレック VP-15を使ってみました。

初めはeneloopやエボルタを使っているのでパナソニックのRR-XP008を購入しました。しかし、後ほど述べますが、色々と機能面で使い勝手が微妙な部分があってどうにもオリンパスのVP-15が気になり、結局両方使い比べて見ることにしました。

パナソニックRR-XP008のレビューというか感想というか評価

評判はいいのですが、使い方によっては非常に面倒なので注意が必要です。色々とあるのですが、使ってみて感じたことです。もちろん使い方によって違うのでそのあたりは参考までに。

メリット:EVOLTAが使える

パナソニックは何といってもEVOLTAが使えることです。はじめから充電電池は付いていますが、EVOLTAも使えます。接続するだけで充電開始機能もついていますし、今まで使ってきたeneloop系統の充電器を使えるEVOLTAが使えるのは非常に大きい。ただし、説明書で保証しているのはBK-4LLB/2BかBK-4MLEのみで、充電できるのは要注意。確認したところ2本組でしか売っていないのでBK-4LLB/2BかBK-4MLE/2Bを使いまわすしかなさそうです。


もっとも、最初からついている充電電池があるのでそれだけでかなり使えます。

買い足すなら頻繁に充電することになりますし、電池持ち的には低容量で充電回数の多いBK-4LLBの方がいいかなと。

メリット:ファイル名が日付と時刻で、勝手にファイル名を整理してくれる

日付と時刻を設定しておくと、ファイル名が年月日時刻になります。また、PCで要らないファイルを削除した後に接続を外すと、自動的にファイル名を整理してくれます。説明書にもありますが、 “001_07140819A0.mp3” みたいな感じですね。ファイルの番号、年月日時間フォルダ、の順番なので楽です。

VP-15は淡々と順番にファイルの録音順が付いていくだけです。ファイル名自体は後からツールを使って作成日時に変更するなり、そもそも作成日時で整理するなりすればいいのですが、やはりファイル名が自動で変更されるのは楽ちんです。

メリット:クリップが強め

これが割と重要で、落としにくい。どうしても落としたくなければネックストラップやクリップで留めた方が良いでしょう。

デメリット:即録音の設定がない

即録音ができません。電源を入れて数秒、その後に録音できるようになります。HELLO表示が表示されている途中からされるのかな、といった感触です。挨拶なんかいらないのでさっさと録音させてほしい。なので、事前に録音を始めておいて、適当なところで一瞬だけ録音を止めて再度録音といった形で、一日中録音するのが一番使いやすい使い方だと思われます。

じゃあ停止中も電源を入れておけばいいじゃないかとも思うでしょうが、そうすると横のボタンが押されて設定画面になっていたりして、録音を受け付けない状態になっている場合があります。

こまめに録音を区切るなら、後ほども触れますが大気状態から即録音できるオリンパス ボイストレック VP-15の方がいいでしょう。

デメリット:音声の調整は再生のみ、録音では音声のオート調整がない

PCなどで確認する場合は全く役に立たないので、直接レコーダーにイヤホンをさして音声調整する必要があります。その手の編集ができるソフトもありますがデータの処理をしたくありません。

デメリット:専用ケーブル

面倒です。充電もデータの受け渡しもこれ。他は試していません。説明書にはこれ以外は動作保証しないと書いてあるので使うしかありません。

デメリット:服によっては銀色は目立つ

トップの銀色部分は服によって結構目立ちます。

ちょっとした注意点:使用箇所によっては電池カバーが傾いたりして、ケーブルが刺さらなくなることがある

電池カバーがそれほど固くありません。捩じって抜くと電池ボックスが露出するのですが、いつの間にか傾いていることがあります。

充電しようとケーブルを差し込もうとすると刺さらない。よく見ると中身がずれている。そうそうに無理な力をかけて中身をゆがませたかと思ったら、カバーが傾いているだけでした。
抜けることも予想されるので、ふつうは胸ポケットなどで使うのをお勧めします。

オリンパス ボイストレック VP15のレビューというか感想というか評価

デメリットが多いのですが、決して見劣りするものではありません。あくまで私の使い方で、という点です。

メリット:ソク録モードが便利

こまめに録音を分けたい場合はソク録モードにしておくと、電源を切っても待機状態になり、ワンタッチで録音が始められます。もちろん電池持ちは悪くなりますが1日くらいなら十分もちます。録音したい場面が決まっている人の場合はこれは非常に便利ですね。待機時間も最高10時間までいけるので、5時間や10時間に設定しておけば大体の状況に対応できるのではないでしょうか。

これが他の短所を帳消しにするほど便利です。

メリット:スピーカーをオフにできる

再生ボタンを押しても勝手に外部に音が出ないように設定できます。

間違えて大音量、とはいってもペン型のスピーカーなのでそこまで大きな音ではありませんが、事故を防げるのは安心感があります。

メリット:ボイスチェイサー機能とノイズカット

オートで録音レベルを調整する機能です。しかし、過度の期待は禁物で、あまり大きい部屋では効果はそれほど感じなかった。小会議実くらいなら、声の小さい人も拾ってくれるかもしれません。高級機種できちんと大きくステレオマイクが設置されているものならば別だとは思います。

ノイズカットは本当に場所によるので使ってみないとわかりません。サンプルを聞いたらわかると思いますが、気休め程度だと思った方がよさそうです。

メリット:直接USB端子が付いている

余計なケーブルを使わずに充電からデータの受け渡しができます。ただし、起業によってはUSBメモリー扱いになるので持ち込み禁止に引っかかる可能性があります。

デメリット:オリンパスの電池の問題

こぎれいにまとまっているものの、オリンパス専用の電池でしか充電ができないのがネックです。まずオリンパスの充電電池を持っていないので。

デメリット:ファイル名が延々と記録ナンバー

RR-XP008のところにも書きましたが延々とVP150003.mp3などというように記録されるようです。少なくとも普通に使い始めるとこのようになります。もちろん設定で時刻設定はあるのでファイルの時刻は記録されていますが、管理的には不便ですね。そのまま管理しても構わないのですが、要らないファイルを消すと飛び飛びになりますし、ファイル名変更アプリでいちいち変更するのも面倒です。

デメリット:クリップが弱い

クリップが上部を押さえて開け、挟むようにするタイプです。これが柔らかいのでかなり不安です。使う場合は単に服に挟むのではなく、ストラップなどで引っかけた方が安心です。私は早速なくしました。

なんとも言えない部分:充電は接続してからボタンを押さないといけない

勝手に充電が始まりません。別に忘れることがないのでどうでもいいのですが、いざという時の不安材料ですね。

操作のコツ

よくレビューで操作しにくいというのを見かけましたがそうでもありません。十字に動かせる部分は押すのではなく、傾けるように動かすようにするものなので簡単に慣れます。というか慣れればこちらのほうが楽。

個人的にはオリンパス ボイストレックVP-15がお勧め

機能的にはオリンパス VP-15。スピーカーオフと待機モードで常に録音でも十分対応できます。こまめに分けたい人にも長時間録音したい人にも向いています。直接USB接続可能なのは、持ち込み禁止の場所で問題になりますが。

電池がオリンパス専用なのがたまに傷ですが、直接充電しないなら関係ありませんし、接続してすぐ充電ではなく開始確認があるので、動作保証はないものの他の電池でも構いません。

ちなみに証拠能力としては録音しっぱなしの方が有利

一部分だけ録音というのは前後がわからないので、全体を録音した方が有利です。なおかつ自分でそれぞれの発言を書き出さなければいけないので、必ず相手と自分の声が入る位置関係を把握しておきましょう。これは自分でやらないと結構お金がかかるそうですし、何時間もの内容を裁いている時間は裁判官も弁護士もありませんので。

自分の状況によって選ぶのが一番ですね。

もちろんこれ以外にももう少し大型のものであれば、靴下に仕込んだり、ポケットに仕込んだりできるので、色々と探してみると良いと思います。

色によって値段が結構違うので、気にならなければ検討してみてはいかがでしょうか。


絶対に見つかりたくないならベセトの完全ペン型

普通にボールペンなので知っている人しか気づきません。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする