Google フォトで重複した写真や画像の簡単な消し方

私の場合はiPhoneで起きたことですが、だいたいのケースで使える方法だと思います。

PCからiPhoneに同期した画像は元画像からかなり劣化している場合があります。これは端末や元の画像の解像度によります。諸処の事情で初期化せざるを得なくなり、どうせ劣化画像なのだから圧縮の手間も省けるだろうと、iFunboxというソフトで初期化前のiPhoneから抜き出した画像を取り込んだのが間違いの始まりでした。ちなみに画像の読み出しは脱獄していなくてもできます。

以前にHDDの中身がきれいさっぱり消えてしまったので、心機一転、今回はこのような構成で画像を管理することにしました。デジタルカメラとiPhoneカメラの画像を同じフォルダにまとめて同期です。

  • DCIM
    • 月ごとのフォルダ
    • 新iPhone画像のフォルダ
    • 旧iPhone画像のフォルダ

そして地獄がやってきた。

Google フォトで旧画像がすべて重複した

私は画像がすべて消えてしまうことだけは避けるよう、Google フォトでバックアップをとっています。Google フォトでは、おそらく画像の名前で新規画像かどうかを判別しています。そして、iFunboxで抜き出した画像ファイル名はすべて日付に変更されているので、別ファイル扱いになります。冷静に考えたら当たり前の話。

するとどうなるか。旧iPhoneの劣化画像と元々のバックアップ画像が重複していきます。正確には別画像なので重複ではありませんが。それが何千何万となると手がつけられません。写真を普段持ち歩く人なら数千くらいは重複するでしょう。

Google フォトの高画質設定(容量無限)であっても1,600万画素くらいまではサイズの縮小はしません。今のところ扱っている画像は圧縮率の変更だけで済んでいるので劣化画像は邪魔でしかない。そしてGoogle フォト自体には画像のExifにある撮影日時でソートする機能しかありません。

つまり、そのままでは一つ一つ画像の詳細を見ながら削除していくしかないのです。実際、私も途中までやっていましたが、数時間やったところで作業の終わりが見えない。というかPCで手作業とか何のためのPCなのか。

解決方法の手始めはGoogle ドライブとGoogle フォトの連携

Google ドライブにはGoogle フォトと連携する機能があります。Google ドライブにはGoogle フォトという項目があるので、そこを開くと勝手にGoogle フォトと連携してくれます。ここで気をつけたいのが、先に右上の歯車マークの設定項目で、 “Google フォトのフォルダを作る” というチェックボックスにチェックを入れておくこと。

さもないと何千という画像がGoogle ドライブのデフォルトフォルダに溢れます。それをブラウザ上でやろうものなら操作が異様に重くなり、場合によってはタイムアウトでフリーズもどきになったり、待機するか強制終了するかのメッセージを何度も見る羽目になります。

Google ドライブでファイルの詳細を確認する

これでフォルダのように扱えるようになったわけですが、ブラウザ上で画像フォルダを開いてはいけません。

Google ドライブではGoogle フォトに保存されていた画像が普通のファイルとして表示できるので、詳細表示にすればいつインポートした画像で何というファイル名でどのくらいの容量なのかが一目瞭然です。表示されていない場合は上部のソート項目のプロパティから表示したい項目にチェックを入れればOK。私の場合は特徴的な日付のファイルを削除、内容から判断して必要ないファイルを削除してくだけ、だったのですが。

ブラウザ上で作業するにはそこそこの性能のPCでもかなり重くなります。jpgで検索などをして一気に表示なんかしようものなら画面がコマ送りになればまだマシな方。ほぼフリーズします。同じように私の場合は1ヶ月毎のフォルダなので、フォルダ1つに含まれるファイル数が多く、動作の重さを軽減するために少しずつ選択して削除していくしかない。これではまだ楽に整理できるとはいえない。そして、今後のことを考えるとGoogle ドライブとの連携ができれば色々と捗ります。ローカルでやるほうが断然早く、終わればそのうち勝手に同期が終わっていますからね。今回の問題も重複画像を勝手に同期してしまったことから起きたのですが。

軽く済ませるためにGoogle ドライブのアプリケーションを使う

ということで、Google ドライブのアプリケーションをインストールします。これでPC上でgoogle ドライブのファイルを扱えるようになります。PC上で作業を済ませてから同期して放置するのが手間がかかりません。PCの容量を食うのであまりとりたくない方法ですが、HDDが2つ以上あるなら同期フォルダをそっちに持って行くこともできますしね。

あとはローカルに同期した重複ファイルで要らないものを削除するだけです。

簡単な例をあげるとこういうことですね。

google photos duplication solve

google photos duplication solve

ただ、Google ドライブはクセがあって、同名のフォルダを上書きできません。同じ感覚で操作すると同名の同じフォルダができてしまいます。使い勝手が微妙に違って面倒ですが、慣れるしかない。

無制限設定ならドライブでも15GB制限にはひっかからない

Google フォト側で高画質モードに設定していれば通常の容量無制限として扱われます。最近のスマートフォンやコンパクトデジタルカメラはGoogle フォトの無制限である1,600万画素は余裕で超えてオーバーしてきそうですが、まあ、ポスターでも作るのでなければそんな画素数必要ありません。便利な機能で綺麗に撮影できて圧縮して保存、という形が一般的には十分かなーと感じています。Google フォトの画像整理能力はかなり便利ですし。

もちろん一眼構えてがっつり撮影するような人なら別ですが、それならそもそもセーフティー以外の意味でクラウドに保存するのかという疑問もあり。その場で休憩時間に大型タブレットに転送して確認するとかしてるのかなあ。

ちなみに、Google フォトの同期フォルダ設定はGoogle ドライブの中のGoogle フォトのプロパティからになってしまっていて、どこから設定するのか思いつかず、こっちの方が困っていました。

全く同一のファイルが重複した場合

手元にファイルが残っているならすべてアップロードし直しでいいのですが、そうはいかないことがほとんどでしょう。

Google ドライブ上ではファイルの上書きの認識ができませんが、Windows上ではできます。Google フォト上のファイルには情報がきちんと残っているので、ファイル名一括変換ソフトなどでExif情報やデータ容量、作成時間や更新時間などの中で重複したファイルに共通するもののファイル名になるよう設定し、一括変換します。だいたいは更新日時や保存日時などを表示すれば判別可能ではないでしょうか。

名前が被った画像には(1)などの重複名が付く設定ができるものがあったりします。あとは重複ぶんを取り除いてアップロードし直すだけです。一括変換時、ファイル名の最後にhogehogeとかつけて検索するのもありです。そのあたりは使いやすいフリーウェアを探してください。

これで後はPCが同期してくれるのを待つだけ。回線さえちゃんとしていれば動作も全く重くありませんし、途中で中断してもそのうち終わっています。

ただし、普段のバックアップは忘れずに。元画像すべて失った私のようになりたくなければ。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする