心療内科に駆け込んだ:パキシルの副作用?初めて怒鳴った

不快に「思って」怒鳴った。不快に「感じて」ではないのが変な感じがする。

病院の結果の話を家族にしようとしたら会話にならず。

気がついたら「それ止めて」怒鳴っていた。悲鳴かもしれない。物心ついてから家族に怒鳴ったのは初めてだと思う。

でも心は波立っていない。怒鳴っても心は真顔。腹が立ったとき特有のカッカとした感じも全く無い。怒鳴った後もまったく平静で、何で怒鳴ったのかはわかっても気持ちがついていかない。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1

パキシルの副作用?攻撃性の向かう先

こんなに早く副作用が出るのか?副作用じゃないのか?それはよくわからない。

けれど、パキシルの副作用に、攻撃性が増すというものがある。

もともとストレスで怒鳴りつけてやりたいとか、そう思っていたことに歯止めが利きにくくなるんじゃないのかという感じがする。パキシルを飲まなければならないのはストレスが精神にきているからで、ストレスの対象には特にきつくでるのかもしれない。

もし違ったら、何でも薬のせいにするなということで。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする