発音ミスで失敗:英語でブラジル人と話したとき

私と同じく英語を勉強中のブラジル人と話したとき、各国文化の話題が出た。ブラジルといえばリオのカーニバルしか思い浮かばなかった私は、とりあえずの話題として祭の話題を振った。

「君の国はカーニバルが有名なんだよね。あのお祭りの時ってみんなお店を閉めちゃうって本当?」

ブラジル人はしばらく黙り込んでから口を開き。

「うん。昔はあったよ。今はそういうことはないけどね。」

私は混乱した。リオのカーニバルは有名だ。先日もクジャクのような飾りを振って踊るダンサーの写真を見たばかり。もしかすると彼は、今は祭りの時期じゃないと話しているつもりなのか?お互い勉強中だから上手く伝わっていないのかも知れない。

「え、今でも続く大きい伝統的な祭りだって聞いたよ?」
「そういう文化はもう廃れているんだ。人は食べないよ。」

その話題を続けようとすると、彼は言いにくそうに否定する。どういうことだと悩んでいると、横で聞いていた先生が歩いてきて。

「カニバルじゃなくてカーニバルよ」

私は慌てて、カーニバル?カーニバル!と発音を言い直した。彼は首を傾げてカルニバル、カルバ?お互い上手く通じていない。

その後は先生が訂正してくれた。

あのままだと、私は「君の国では人食い祭があるんだよね。」と聞く失礼な奴になっていた。学術的な話をしていたなら問題なかったかも知れないが、それでも普通は初対面で話すような内容ではない。

似たような発音の言葉でも、文脈によっては意味をくみ取って貰えないこともある。特にこういう差別的に取られかねない内容は怖い。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1