再配布されたiOS9.3でもSafariのリンクの不都合は直っていない

旧端末のiOS9.3再配布が始まったのでアップデートしました。一時期アクティベートの問題が起きるとのことで配布が停止されていたiOS9.3が再配布されていたので、早速アップデートしてみました。

最も気になるのがSafariのリンクが開かずフリーズする問題が解決したかどうか。ずっとJavaScriptをオフとか、メールのリンクをタップするとフリーズするとか全然スマートじゃありません。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1

Safariのリンクが開かずフリーズする問題は直っていない

アップデートは問題なく終わりましたが、Safariの不都合は直っていません。全然スマートじゃない。ということで、必要ない人はアップデートしなくてもいいです。

検索エンジンをBingに変更すれば検索結果からサイトには飛べますが、長押しフリーズは健在です。長押しのバックグラウンド表示を多用するので、この不都合は致命的です。本当に不都合が起きる前日までは全く何も問題がなかったんですけどね。

この症状が始まってからまだ数日ですが、スマートフォンを頻繁に使っていたんだなと改めて感じます。単一デバイスで何か不都合が起きると何もできなくなるし、サブデバイスも用意するべきかなあ。色々と持ち歩くのが嫌でiPhone一つにまとめたのですが。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする