冷え性からくる肩こりを一時的に和らげた方法

肩こりには冷えからくるものがあります。そして、以外と自分が冷えていることに気づいていない人が多い。というのも、冷えているのが背中だからです。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1

冷えが肩こりの原因?

肩こりが酷いという人や背中周辺のマッサージで寝てしまう人は、ほぼ間違いなく背中が冷えています。他の部分と比べてすぐにわかるくらいで、全く肩こりを感じないという人とはかなり感触が違います。

冷えているのは熱が通っていないから。熱が通っていないのは血流が滞っているからです。

温めて肩こりを治めても、根本的には解決していない

背中が冷えている人の肩こりは、背中を自然な方法で温めて揺らすように揉むだけでずいぶん楽になるそうです。力強いマッサージを一切せず、軽くほぐすだけで数日は調子が良さそうでした。

しかし、これは根本的な解決になっていません。温めて血流を増やすのは、外部で温めないといけない状態になっているということです。血流がきちんと熱を届けてくれる状態になれば、少なくとも冷えて肩こりが続くと言うことはなくなるはずです。

体が冷えている原因を特定する

寒い場所にいると、当然体が冷えます。冷たい物を飲食しても冷えます。冷えるような食べ物を食べても冷えます。基本的にはwikipediaの冷え性にある対策を、可能な分だけ実行していれば効果が出ます。

特にウォーキングでの冷え性と肩こりの改善は私も経験していて、とても効果がありました。試しに正しいフォームで30分から60分ほど歩いてみて、体が楽になったり足が冷えなくなるようなら、しばらく日課に取り入れてみてください。冷え性も肩こりもずいぶんとマシになりますよ。

即効性が欲しい時に簡単なマッサージ方法

ゆっくり10分以上時間をかけて人肌程度で背中を温めて、それほど力をいれなくてもいいので軽くもみほぐします。摘むじゃなくて押すように揉むのがコツです。

自分でやる場合は軽くストレッチ。詳しい方法はストレッチに詳しいところで。私の場合は、適当に背中の筋肉を動かしていますが、肩こりは断然減りました。

背筋を伸ばし、背中の筋肉を意識しながら腕を背中側に動かし、背中の筋肉が動いているのを感じる。腰を捻るのではなく、腕や肘を背中側や上部に持って行く感じです。意外と普段使っていない筋肉が沢山あり、血流が少なくなるのも納得です。

上手くできると、肩の辺りが触ってわかるくらいに柔らかくなってきますよ。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする