ホッカイロを貼る効果的な場所

体全体が寒いときは手足の先を温めたところで焼け石に水。むしろ焼け石が欲しい。運動しにいくわけにもいかない。体がガタガタと震えはじめてきたらもう手遅れ。風邪(誤字にあらず)の神様が手ぐすね引いて待ってます。そんなことになる前に体全体をうまく温めてしまいましょう。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1

一番のおすすめは小型の貼るホッカイロ

ホッカイロにも色々と種類があります。有効な時間か5時間程度のものから、24時間のものまで様々。温度についても40度程度から60度を超えるものもあります。基本的にはサイズが大きければ大きいほど、持続時間が長くて温度が高めになっているようです。

使い勝手が良くておすすめなのは、小さめの貼るホッカイロです。邪魔になりにくく、どこにでも貼りやすい。というのも、体を温めるのに効果的な場所が狭いからです。

おしり割れ目の上「仙骨」の近くに貼ると体全体が温まる

体全体を温めるには、体全体を温めるか、体全体に熱を伝えるしかありません。体全体を暖めるにはお風呂に入る、気温を上げるなどの方法があります。しかし、外では無理な話。ならば体全体に熱を伝えるしかありません。

体全体に熱を伝える最も効率の良い方法は血液を温めることです。お勧めは仙骨の近くです。おしりの割れ目ができはじめる場所、背骨とのつなぎ目あたりです。仙骨はふくらはぎよりも動きが激しくないのでカイロがずれにくく、一つしかないので節約になり、空気の移動も少なく温まりやすい。足の裏や甲、わきの下など色々と試して見ましたが、最も効果を感じられたのがここでした。

※要注意※温めすぎは危険

ただし、温めすぎに要注意。暖める時間が長くなってくると、お風呂でのぼせたように気分が悪くなったので、温度が低めのものを使うなど、ほどほどにしたほうが体にはよさそうです。持病のある人は、医師に相談してから。

※後日、さらに続けてみたら吐き気がしてきました。やり過ぎダメ、ゼッタイ。

また、冷え性にはあまり効きませんでした。私の場合は、季節や気温に関係なく太ももあたりまで冷えてしまう状態なのですが、このような対症療法ではあまり効果が無かったようです。

スポンサーリンク
GoogleAdsense_1
GoogleAdsense_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする